top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

セルフハンディキャッピング

更新日:2019年12月26日

「このクラスはセルフハンディキャッピングを禁止するからね。文句がある人は挙手。…よし、誰もいないな。じゃあ禁止で。」

私が大手塾で働いていた時に、上位クラスの初回授業で言うセリフです。生徒は賛成したわけではなく、分からないから手を挙げませんでした。その後、内容と理由を説明すると大いに納得し、みんなで「あっ、それセルフハンディキャッピングだ!」と指摘しあうようになり、生徒たちの中で流行語になりました。ちなみに、「分からないことを禁止されそうなのに、手を挙げず意見を言わないっていうのは危険じゃない?分からないときは、正直に分からないということを言えるようになろう。」という話もしました。


セルフハンディキャッピングとは、固い言い方をすると『自分の失敗は外的要因、成功は内的要因であるように言動を選択すること』の様になります。獲得的と主張的がありますが、簡単に言うと、勉強せずにマンガを読んでいて「マンガを読んでたから点数が悪かった」と言う、テスト前に「あ~、勉強してないから点数悪いだろうな~」と言うなど、自分の行動と心に保険をかけるようなことをいいます。反対に成功した時には「勉強してないのに良い点とれた!」の様に、成功をより大きいものとして扱います。失敗したくない、失敗を認めたくない、競争する・比較されるのが嫌い、というタイプの人に多いと思われます。これが成長の妨げになります。


もちろん、失敗したときに『マンガ読んじゃったから』の様な原因を考えることは必要です。「言い訳をするな!」というセリフを聞くこともありますが、私はどんどん言い訳をしてほしいと思っています。それは失敗の原因を分かっているということだからです。その言い訳の内容を繰り返さなければ成長できます。言い訳も出ないようであれば、何も反省がない、改善する気がないのと同じことです。できない、分からないのは恥ずかしくありません。できないままにする、分からないままにすることが恥ずかしいことです。


さて、2学期中間試験の反省点は覚えていますか?それを改善しなければ良い結果は出ませんし、たまたま良い結果が出たとしても成長ではなく慢心になるだけです。セルフハンディキャッピングは中高生の内にしないようにしておきたいものです。大人が仕事で「あ~、プレゼンの練習してないから失敗するかもな~。」とか言っていたらどうでしょう。格好悪いとかではなく、クビですよね。失敗を受け止め、原因を突き止め、改善できる人間になっていきましょう。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page