top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

ダ・ヴィンチの言葉

食欲なくして食べることが健康に害あるごとく、

欲望をともわぬ勉強は記憶をそこない、記憶したことを保存しない

レオナルド・ダ・ヴィンチ


※以下は私個人の考えです。解釈が違う場合もあると思います。ご了承ください。



『勉強』を訓読みすると、『勉』は『勉める(つとめる)』、『強』は『強いる(しいる)』と読みます。つまり『努力を強制する』という言葉です。学校の勉強のことを考えると、それでは伸びません。仮に強制された努力で点数が取れたとしても、成長しているとは言い難いです。目標、目的という『欲』を持って、自らやる勉強でなければなりません。私が中学生の時は『周りのヤツに負けたくない』、『レベルが高い高校に行きたい』と思って勉強をしていました。もちろん面倒くさいと思う時もありましたが、目的を達成するために頑張っていました。


あなたは何のために勉強をしていますか?

点数・成績を上げたいですか? ライバルに勝ちたいですか? 志望校に受かりたいですか? 怒られるのが嫌だからですか? 勉強しろと言われたからですか? 褒められたいからですか? そもそもあなたにとって勉強とは何ですか?

目的、目標があることで人は努力することができますし、成長も大きくなります。自分がやりたいこと、成し遂げたいことを考えてください。


また、『意識』も重要です。スポーツでも、ただ練習をする人と、力学を理解して意識を持って練習する人では効果が違います。『絶対に勝つ』という意識が、実力差を覆すときもあります。授業を聞くときは『とりあえず話を聞く』ではなく、『絶対理解するんだと思って聞く』。問題を解くときは『ただ答えを出す』ではなく、『解き方を覚えと思って解く』。宿題を行うときは『出されたからやる』ではなく、『出来るようになりたいからやる』。


なかなか暗記が出来ないという人、覚えてもすぐに忘れてしまうという人は、『絶対に忘れない』と思って暗記をしていますか?『小テストが出来ればいいや』と思っていませんか?なかなか成績が上がらない人、伸び悩んでいる人は、『絶対に成績を上げる』と思っていますか?『無理かも…』『どうせ…』などと思っていませんか?


私は『絶対に出来るようにさせる!!!!』と思って指導をしています。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page