top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

テストの点数アップ

志望校に合格するためには、様々な努力をし様々な結果を出す必要があります。志望校に応じて内申点を取る努力をしなければなりませんし、そのためにはテストでの結果や提出物の点数などが必要です。当日の筆記試験で良い点数を取るためには、過去問を解く必要があり、それで結果を出すためには模擬試験で結果を…の様なことです。様々な努力とそれによる成功体験が志望校の合格率を上げていきます。


その一歩目が『テストで点数を取る』ことです。ポイントは3つです。


まず1つ目は『授業を真剣に受け、疑問を都度解決をする』です。

高得点を取る生徒は、「先生がここをテストに出すって言ってた」「今日ここ習ったんですけど、よくわからなかったので教えてください。」の様なことを言ってきます。反対に点数が低い生徒は「そんなこと聞いてない」「今日習ったのどこだっけ?」の様なことを言います。テスト2週間前から…とかではなく、日頃の努力が最重要です。


2つ目は『問題演習を効果的に行う』です。

「頑張ったのに点数が上がらない。」こんなことを言う生徒は『頑張れていない』というのが正しい場合が大半です。学校のワークやプリントの問題を解き、わからないことを質問して解決し、時間が経ってから解き直しをし、塾で類題をもらって一人で解けるかを確かめる。これをやるだけで点数は上がります。わからない問題の答えを赤ペンで書き、それで終わっていませんか?大切なことは『自分が解けない問題を把握し、それを解決する』ことです。


3つ目は『テストの分析』です。

高得点を取る生徒は、その先生のテストに対しての勉強法を知っています。「この先生はプリントから出す」「教科書よりもワークが大事」などを自分が受けたテストから学んでいるからです。テストは受けたら終わりではありません。次のテストに備えるための分析も重要です。


※注意事項

気をつけなければならないのが、『何点取れば良いのか』という点です。「80点取れた!」ということに対して、喜んでいい場合と悔しがらなければならない場合があります。例えば、前回60点で今回80点に上がったのであれば基本的には褒めてあげて良いでしょう。しかし、その生徒の目標とする成績が5であれば悔しがらなければいけません。(平均点が30点や、80点で学年トップの様な場合を除きます。) つまり、自分の目標に対して十分な結果が取れたのかという点が重要ということです。


いかがでしょうか。これらを全てやっているのに点数が上がらないというのであれば、能力の限界かテストに問題があるかのどちらかだと言っても過言ではないと思います。誰しもが努力をすれば満点が取れるわけではありません。だから受験は難しく、大変なのです。しかし、『頑張って結果を出す』という成功体験が、合格にも、その後の人生にも大きくプラスになると考えています。

無料で学習相談を実施しています。お困りの様であればお気軽にお問い合わせください。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

合格を勝ち取る方法

今年は全員が合格を勝ち取ってくれました。 男女別定員が廃止されて初めての受検。今までと同じ予測で良いのか、内申が高いとされる女子の方が有利なのかなど不安はありましたが、みんな頑張ってくれました。 当塾で力を入れて行っている合格を勝ち取るための秘訣をお伝えします。 ①できる限り早い段階で目標設定をする 「この高校に行きたい」という気持ちを持つとモチベーションも上がりますし、やるべきレベルが明確になる

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

Comments


bottom of page