top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

今年度の受験

12月になり学校の三者面談が始まったため、今まで緩んでいた生徒も『受験だ…』という雰囲気になってきていると思います。


今年度はコロナの影響で様々なものが変化しました。最近また感染者数や重症者数が増えてきているため、受験が通常どおり行われるのかが心配です。都立入試では休み時間が20分から30分に変更になりました。これは、トイレの行列防止や、換気をした後の寒い教室のままテストが始まらないようになど、複数の効果を考えてのものだと思います。しかし、この30分は凄まじく長いです。休み時間の過ごし方も考えておかなければなりません。


休み時間で最もやってはならないことは、終わった科目の確認です。「問4ってウだよね?」「俺もウにした!」これは意味がありません。基本的には最終確認をすることをお薦めします。各科目の前に漢字、公式、単語・熟語、苦手範囲の用語など、ギリギリまであがきましょう。それで1点でも上がればラッキーです。しっかり勉強してきたという自信が持てているようであれば、リラックスすることに努めましょう。寝るのはダメです。好きな本を読むなどが良いとは思います。友達に話してリラックスしたいのであれば、事前に相談して了承を得ておきましょう。周りの迷惑にならないように注意が必要です。


さて、その他の変更に関してあらゆるケースを想定しておき、受験のルール変更に慌てないようにしておく必要があると思います。私立高校は『私立』なので、学校によって対応が違う可能性が大きいです。以下、個人的に思う、変更の可能性が考えられる点です。


①密を避けるために、時間をずらして受験。

日程を複数にすると、問題用紙を回収しても問題が出回ることは予測されるので、日程を増やすことは考えにくい。都心の高校に受験生が一斉に集まると、電車も校門付近も密になる可能性が高い。仕事に行く大人と時間をずらすため、全員1時間遅らせてスタートすることや、受験生を半分に分けて、9時から始まる生徒と2時間目の10時20分から始める生徒に分けるなどが、起きる可能性はある。


②都立共通入試は各中学校で実施。

共通入試の高校は問題用紙さえあれば各中学校でも実施が可能だと思われる。これにより、電車での人の移動を少なくすることができる。自校作成の高校の受験を中学でやるのは厳しいと思われる。


③受験番号順ではなく、学校ごと、地域ごとに座席が決まる。

仮に、とある中学に無症状の感染者が複数いるとした場合、受験番号ごとに座らせるとその生徒たちが複数の教室に行くことになり、感染が広がる可能性がある。少しでも可能性を減らすためには、中学校ごと、地域ごとに座らせる方が良いと考えられる。顔見知りが同じ教室に増えることになるので、悪い意味で緊張感がなくなることに注意が必要。


今年度が受験であることは不運と言えるかもしれませんが、過ぎた後に不運だったから何か補償があるわけではありません。条件は皆同じです。充実した高校生活を送るために、頑張りましょう。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page