top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

休校だイェーイ

と思っていないことを祈ります。


感染のピークを下げるために今回の休校は…という話はここでするには相応しくないので、この休校中の良くない行動に関して書きます。


①勉強しない

当然ダメです…


②課題を終わらせる

急いで課題を準備して出してくれた学校もあります。ありがたいですが、時間割を出して計算してみましょう。技能科目は抜いて構いません。国数英理社の1週間の時間数を合計してみましょう。だいたい18時間くらいはやっていると思います。授業がないわけですから、同じ時間こなしても同じ効果が得られるとは限りません。では、週に20時間だとすると、土日を休みだと仮定すると1日4時間ほどですね。課題にそれだけ時間がかかりますか? それだけ集中してやって、ようやく学校に行っているのと同じ効果が得られるかもしれません。もちろん、皆が同じ条件ですから、やらないと差がつくわけではありません。正直、気を抜いてサボり気味になる人が多いでしょう。しかし、通常よりも自分が使える時間が長いということは、差をつける大チャンスです。自分に足りないもの、この時期に学校でやるはずのもの、次学年の予習など、やれることはいくらでもあります。


③復習をしっかりやる

『必要な部分の復習を適切に』または『これは復習だと理解している』ならOKです。しかし、やみくもに復習をしたり、中2が中1の範囲をしっかりやることはプラスに働かないことがあります。その理由は2つです。まず、復習するその範囲が入試に扱われないと意味がありません。もちろん、入試に扱われないからできなくてよいというわけではありませんが、優先すべき事ではありません。そして何よりも、『勉強した』という油断に繋がります。復習をしたその範囲は、次回のテストに出る可能性は低いですよね? 復習なので。でも、いつもよりも勉強した感じはありますし、復習の方が簡単なので、理解できたという実感もあります。で、テストに臨むと思ったよりできない。勉強しても意味がないと思う。そんなことになりかねません。


学習という面から考えるとこの約1ヶ月の休校は、しっかりやれる人にはプラスに働き、やれない人にはマイナスに働きます。大きく差が開くということです。その差は約1ヶ月。入試直前に1ヶ月頑張った人と1ヶ月サボった人ではどうなりそうでしょうか。週に18時間だと1ヶ月で72時間以上。それだけ差がつきます。頑張る人よりも1日1時間多く勉強しても、差を取り戻すまでに2ヶ月以上かかります。


この休校の期間。どう過ごしますか?

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page