top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

効果と効率

『効果』ある働きかけによって現れる、望ましい結果。ききめ。

『効率』使った労力に対する、得られた成果の割合。

(goo国語辞書参照)


効果が高く、効率が良い勉強をしたいですよね。

『宿題の答えを写す』という行動は『効率は良いが効果が無い』ということ(本当は効率が良いと言いたくないですが)で、『漢字を1000回ずつ書いて覚える』という行動は『効果は高いが効率が悪い』ということです。


例えば、英単語を覚えようと思ったらどんな勉強をしますか?

①ひたすら書いて覚える

②単語カードを作る

③赤シートで隠しながら覚える


テストで点数を取るためには①の書いて覚えることが有効です。(英語が好きで得意な人は③でも大丈夫です。)なぜなら、テストでは単語を書かなければ点数にならないからです。英検の様な単語を選択する問題であれば、②でも③でも良いかもしれません。また、同じ単語を連続して書くという覚え方はどうでしょう。ノートにdoctor doctor doctor doctor doctor…って書く人いますよね?これは、単語を覚えるためには効率が悪いです。手に覚えさせることでスペルミスをしない練習になっています。テストでdoctarの様なミスをしてしまう人は、手に覚えさせるためにひたすら練習しても良いとは思いますが。単語を覚えるためにはテスト形式で練習し、最初から書けた単語はもう練習しない。書けなかった単語を覚えようと思いながら数回書き、後日再テストをするというのが効率の良い覚え方です。ある程度の時間を空けて自己テストをした方が効率が上がります。


英単語に限らず、効果や効率が悪い勉強をしている人はたくさんいます。以下の勉強の仕方はどうでしょう。

①数学で解けない問題を30分考え続けたら解けた

②教科書を見ながら社会のワークを埋めたら全問正解できた

③英語の長文を解いていて、わからない単語が出てきたから調べた

④すぐ先生に質問するのは良くないから、自分で調べて考え続けた


テストで高得点を取る、入試に合格するということを目的とした場合は、①~④は全て悪い方法です。(目的が違えば良いものもあります。)簡単にまとめると、①入試には制限時間があります。②ほぼ確実に頭に入っていません。③テスト本番は調べられません。④聞いた方が早いです。


入試までの学習時間が減っている今、効果と効率を求めていかなければなりません。通塾していない人の質問や学習相談も受け付けています。お気軽にどうぞ。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page