top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

反省と改善

まだこれからの学校もありますが、多くの中学校で学年末テストが始まりました。

1、2学期のテストの時にした反省を覚えていますか?同じことを繰り返していませんか?


テスト1ヶ月前から2週間前くらいだと、テストは他人事の様。

2週間前から1週間前くらいだと、テストが近いなって感じるけど、特に焦らない。

1週間前になってテスト範囲表が配られると、慌てて提出物に手を付け始める。

ギリギリまで提出物に追われ、技能科目に手を付けるのはテスト前日。

テスト初日が終わると、2日目の勉強よりも「疲れた」など言い出す。

テストが終わった日には、もうテスト内容はどうでもよくなっている。

良くない結果が返ってきて、「もっとやっておけば良かった」と言う。

でも、すぐには勉強を始めない。。。


さて、これを何回繰り返せば、改善するのでしょう。

社会人になってこれをやっていると会社をクビになります。決められた日程でテストがあるのは、計画性を養うためや、自分のキャパシティを把握するためのでもあります。


当事者意識、自己管理力の足りない生徒は、これを繰り返したまま中3の夏を終えます。模擬試験を受けて判定は最低の『E』。その時は頑張ればどうにかなると思っている。でも、頑張り方も分からないし、頑張り始めようともしない。そうこうしている間に冬。確定内申が出て、第一志望に届きそうにない。今まで頑張ってこなかったのに「諦めたくない」などと言い出す。結局『E』や『D』判定のまま受験。不合格。努力してこなかったことを後悔。


そんな生徒を出したくないと思いつつ、日々指導をしています。


しかし、我々ができるのはあくまでもサポートです。努力するのは自分自身、結果を出すのも自分自身です。学校や塾で授業を受けるというのは、スポーツのDVDを見るのと一緒です。見ただけ、聞いただけでは解けませんし、上手くもなりません。スポーツで試合に勝ちたいと思ったら、練習しますよね。自分の弱点を改善したり、相手の弱点を研究したりするはずです。上手くいかないときにはコーチにアドバイスを求めることもあるでしょう。受験に合格したい、テストで高得点が取りたいと思ったら、授業を受けるのではなく、問題を解くことが重要です。自分の弱点を改善し、問題の傾向を考えて演習をすべきです。解けない問題の解説、勉強法のアドバイスを我々がやります。自信がない生徒、勉強の仕方が分からない生徒ほど、テスト直前や受験直前に「授業をしてほしい」と言ってきます。それは、試合直前にDVDを見るのと一緒です。できる気になるだけで、力はつきません。


今回のテストで失敗したと感じたことを、1つでも改善をしていきましょう。そして、新しい反省点を見つけましょう。成長する人は、反省点も成長していきます。「もっと勉強すれば良かった」ではなく、「地理の暗記はできたけど、歴史ができてなかった。テスト問題はプリントから多く出ていたから、次回はプリントが配られたらコピーをしておいて、そのプリントを完璧に覚えるまで何度もやろう」の様な感じです。

そんな状態を目指していきましょう。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page