top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

受験勉強とは

私は『受験勉強は階段作りの様なもの』と生徒に説明しています。

ゴール、つまり受験当日に向けて、1日1m進まなければならず、階段を作っていくというイメージです。どんな階段を作るのか、どのくらいのペースで登れば良いのかなど、現状と目標、生徒の能力などが関わるため、人によって大きく違います。


例えば、受験1年前だとします。ゴールまでは365m残っています。

同じスタートをするAさんとBさんがいるとします。図にするとこんな感じです。






Aさんは1日目にある程度勉強をしましたが、Bさんは何もしませんでした。

でも、時間は止まってくれないので2人とも1m進みます。すると下の様になります。







これが3日続くと…








差が開きましたね。

その差にBさんが気付き、ヤバいと思って同じ質、同じ量の勉強をしても…










当たり前ですが追い付きません。これが『勉強したのにできるようにならない』や『あいつは頭がいいから違う』という言い訳の原因です。


また、追い付こうとして急な階段を作っても






今まで登ってこなかったため急には登れないでしょうし、階段を作った経験もないため、しっかりした階段が作れないかもしれません。これが、『勉強しようと思ったけどできないからあきらめる』の原因です。


そして最も危険なのが、『わかったつもり』で勉強を続けている場合です。

基礎がしっかりした階段が作れておらず、スカスカな階段だと…








こんな階段ができあがります。

この人が今後も同じ勉強を続けた場合、どうなるでしょう。







こうです。階段を作っているのに高さがあまり上がっていません。これが『やってるはずなのに結果が出ない』という状態です。やり方が間違っている、やる量が足りない、確認をしない、など様々な要因がありますが、こんな勉強をしてしまっている人が多いです。


受験の日程は全員共通です。自分が望む高さに達していなくても、その日が来たらその高さで試験を受けなければなりません。10mの高さの階段しかできていないのに、20mの高さに乗りたい。







これでは合格できませんよね。不合格になるか、志望校のレベルを下げるか、どちらかの選択になってしまいます。


正しい作り方で、正しい親方の指導を受け、良い材料や道具を使いこなし、適切なペースで、適切な階段をしっかり作れば、ちゃんと乗れます。













正しい勉強方法で、正しい指導を受け、良い環境で良い問題を解き、適切なペースで、適切に勉強を重ねていけば、ちゃんと伸びます。もちろん、個人差はあります。しかし、伸びなかった人はいません。


やっているのに伸びないと思っている人、

そもそもやってこなかったからやり方が分かっていない人、

もっと伸ばしたい人、

ぜひ相談に来てください。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page