top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。

第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。


ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。

指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。

指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。


当塾で全員に必ず従ってもらうことは、

『わからないことは質問する』これだけです。

宿題や復習をしっかりやりたい、私立推薦のために内申対策をしっかりしたい、応用問題を理解したいなど、様々な個々のニーズに対しては、それぞれ対応しています。全員に共通で従ってもらうことは『質問する』のみです。

やるべき問題は個人差があるので話し合って決めます。わからないことがあったら質問して解説を受け、理解しようと努力をします。1回ですべて理解できるような生徒はほぼいないので、わかるまで何度でも解説しますし、科目や単元によりますが、複数通りの解説を用意しています。これだけで合格のための力をしっかり身につけることができます。

もちろん、適切な時期に、適切なペースでやることが重要です。テストや入試直前になって慌てて勉強して、慌てて質問しても間に合いません。その時期やペースは現状と目標で変わるため、個々に説明してあります。

質問をせずに解説を読んで、わからない問題をわかった気になる、わかったことにする。これでは力はつきません。


以前、大手の塾に勤めていた時も同じでした。質問をする生徒の方が質問をしない生徒に比べて、格段に合格率が高かったです。丁寧に良い授業をしてしっかり解説をしたとしても、生徒によって理解度に差があります。その差を埋めるためや、より力をつけるためにすることが質問です。声をかけてもらい解説してもらうのを待つのではなく、自ら動くことによって大きな効果が得られます。


『指導に従わせられなかった』というのが私の責任です。

私が合格を勝ち取るための方法がわかっていても、頑張るのは生徒本人です。放っておいても頑張るのであれば塾は必要ありません。頑張れる環境を提供することが、通信教育ではない塾の大きな役割だと考えています。より一層気を引き締めて指導をしていきます。


閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

結果を出せない生徒や出させられない親の言うセリフをご紹介します。子どもが言っていないか、親が言ってしまっていないか確認してみてください。 ~子どもの危険なセリフ~ 「家で頑張る」 親としては嬉しくなる言葉です。しかし、何千人もの生徒を見てきましたが、このセリフを言って塾を辞めた生徒が良い結果を出した例を私は知りません。こんなことを言い出したら、具体的にプランを聞いてみてください。何を、どのくらい、

bottom of page