top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

勉強しない理由

そんなものは無いのが大半です。1万人に1人くらいは、「中学、高校で学習する内容には興味がなく、自分は〇〇の道で生きていきたいと思う。そのための努力は全力でしている。中学はオール3で十分で、近所の△△高校に行き、卒業後に〇〇のための専門学校に通って資格を取る。それに向けて全力で頑張っている」という子どももいるかもしれません。夢が明確に定まったことにより、凄まじいまでの努力をする子どもは、数名見てきました。


大半の子どもが言う「めんどくさい」「やる気が起きない」というのは理由ではなく気持ちの問題で、「やる理由がわからない」というのは逃げ口上です。


大人は基本的に嫌でも仕事をしますが、なぜでしょう。生活がかかっているからですよね。特に何もしなくても月収30万が手に入るのであれば、贅沢を求めず、働かないという選択をする人も多いはずです。子どもは、勉強しない=生きていけないではありません。目的、目標、メリットがなければ大人も働くことをしないですよね?子どもが勉強しないのも当然です。


子どもに勉強をさせる方法は大きく3つあると思っています。

1つ目は、小さいころから『やらなければならないことを全力でやる』という教育をすること。これは、小学校に入るまでにはやっておかなければならないので、手遅れという場合が多いと思います。

2つ目は、メリットを与えることです。最も良いのは勉強の価値を理解させることですが、お小遣いの様な報酬でもいいでしょう。大変だと思う以上に自分にプラスがあれば、頑張ることができます。

最終手段として3つ目は、親も一緒に頑張ることです。勉強を頑張らないタイプの子どもは、親が必死に働いているということを考えません。働いて帰ってきた親がテレビを見ていると、『自分はダラダラしてるのに俺だけ勉強?』など考えます。そのため、子どもが勉強をする時間に、親も一緒に資格の勉強をする。親は2級、子どもは3級で、一緒に検定を受ける。漢字や単語を一緒に覚えて問題の出し合いをする。親は一か月禁煙、子どもは一か月勉強を頑張り、禁煙で貯まったお金で月末に豪華な食事をする。など、一緒に頑張るということです。


小沢塾では勉強を通じて『思考することの重要性』を教えています。昭和的な考え方かもしれませんが、『考えられる大人』になってもらいたいと思っているからです。生き方が多様化している今、それでも学歴というものが必要な部分がありますが、強く楽しく生きていくためには、『考える力』と、勉強ができるというものとは違う『頭の良さ』が必要だと思っています。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page