top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

定期テストの意味

更新日:2020年10月27日

450点取れた!

学年1位だった!

5科目で100点上がった!


どれも素晴らしいですが、それだけで終わってしまってはもったいないです。定期テストをやる意味は、学校の先生が成績をつけやすくするためと、学力を測るためですが、それだけでは学生の間しか意味がありません。


私は、定期テストを通じて

『期限までに』

『目標に達する』

『自分に合う』

『努力法・行動ペース』

というものを身につけてほしいと考えています。


以下、【学生⇒社会人】の様な書き方をします。


ケース①

《失敗》テスト直前になって「あれもやってない、これもやってない」と騒ぎ出す⇒仕事の締め切り直前に慌てて作業を始める

《成功》指示される前から提出物を進め、突然の課題にも焦らず取り組める⇒自ら仕事を探して積極的に取り組み、突発的な仕事にも対応できる


ケース②

《失敗》目標までの努力量が分からず、ちょっと進めて頑張った気になる⇒自分は頑張ってると勘違いをし、締め切りに追われる仕事の仕方をする

《成功》自分の能力を把握し、目標までの計画を立て、理解できないところは質問する⇒与えられた仕事をきっちりこなし、自己判断してはならないところで上司に確認できる


ケース③

《失敗》一度やったものはできると油断をして、テスト本番でできない⇒確認を怠った結果、営業やプレゼンを失敗する

《成功》自分のできない問題やミスの傾向を把握していて、確実に点数を取る⇒仕事のミスが少なく、自分の弱い部分は仲間や上司と協力できる


いかがでしょう。これを読んでいる生徒さんは、《成功》の様な行動ができていますか?保護者の方は、仕事場に《失敗》のタイプの様な後輩や部下はいませんか?


『勉強ができる』ということは『努力ができる』『理解・暗記ができる』ということなので、とても重要です。しかし、『勉強だけできる』というのは問題です。定期試験で点数を取ることが成績に繋がり、高校合格に繋がることは間違いありません。しかし、せっかく努力をするのですから、より高い効果がほしいですよね?定期試験が来るたびに、同じ行動をし、同じ反省をしていませんか?


『自分に合う』ことも重要です。特に暗記。好きで得意なものは見るだけで思えられる場合もあります。漢字や単語の様に書いて練習した方が良いものもあります。これは人によって差が大きいです。プリントの問題を何回もやるのか、ノートまとめをするのか、ただひたすら目を通すのか。自分に合う方法を知っていれば、社会人になってからの仕事の効率も良くなるでしょう。


勉強を通じて成長してほしいと思います。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page