top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

悩む、考える

もうすぐ受験。志望校を変えなくても大丈夫かな…

学年末テストが近づいてきた。何から勉強を始めようか…

源氏物語を書いたのって誰だっけ…

今日のご飯はカレーかな、ラーメンかな…


悩んだり考えたりすることって多いと思います。パッと決めてしまうことがプラスになることもありますが、考えずに決めてしまった結果がマイナスになることもあります。しかし、受験に関しては残り時間が少ないです。『悩む』と『考える』の違いを理解し、結論を出していきましょう。


言葉の意味をgoo国語辞書で調べると、以下のように出てきます。

『悩む』決めかねたり解決の方法が見いだせなかったりして、心を痛める。対応や処理がむずかしくて苦しむ。

『考える』知識や経験などに基づいて、筋道を立てて頭を働かせる。関係する事柄や事情について、あれこれと思いをめぐらす。


「国語から勉強しようか。あぁでも数学かな。いや、理科の方が大事かも…」というのが悩みで、「残り時間が少ないから国語は漢字だけ勉強しよう。数学は得意だから後回しで、苦手な理科から始めよう。」というのが考えるということです。

悩むということは、停滞していること、結論を出せずにいることです。考えるとは、結果に結びつくように、論理的に思考を進めることです。


中3の皆さんは、志望校の決定にしても勉強方法にしても、悩んでいないで考えて結論を出してほしいです。中1・2の皆さんは、受験のことももちろん考えなければなりませんが、その前に学年末テストの方が重要です。勉強の仕方をちゃんと『考えて』いますか?上記の様に『悩んで』いても結果は出ません。



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

テストの点数アップ

志望校に合格するためには、様々な努力をし様々な結果を出す必要があります。志望校に応じて内申点を取る努力をしなければなりませんし、そのためにはテストでの結果や提出物の点数などが必要です。当日の筆記試験で良い点数を取るためには、過去問を解く必要があり、それで結果を出すためには模擬試験で結果を…の様なことです。様々な努力とそれによる成功体験が志望校の合格率を上げていきます。 その一歩目が『テストで点数を

合格を勝ち取る方法

今年は全員が合格を勝ち取ってくれました。 男女別定員が廃止されて初めての受検。今までと同じ予測で良いのか、内申が高いとされる女子の方が有利なのかなど不安はありましたが、みんな頑張ってくれました。 当塾で力を入れて行っている合格を勝ち取るための秘訣をお伝えします。 ①できる限り早い段階で目標設定をする 「この高校に行きたい」という気持ちを持つとモチベーションも上がりますし、やるべきレベルが明確になる

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

Comments


bottom of page