top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

注意点

更新日:2020年7月31日

こんなことを言ったこと、言われたことはありませんか?

「宿題忘れてごめんなさい」

「テストの点が悪くてごめんなさい」

「勉強サボってごめんなさい」


誰に対して謝るのでしょうか。未来の自分に謝っているんですかね。

謝るということは、相手に許してほしいからすることです。物を壊してしまったら、持ち主に謝りますよね。もちろん、学校の先生から怒られて親が恥ずかしい思いをした、信頼や期待を裏切ったから謝るということもあると思いますが。気を付けてほしいのは、『謝ったから許された』という考え方です。親から許されても、学校の先生から許されても、成績は良くなりません。勉強を怠った自分の状態はマイナスのままです。


大切なのは挽回する行動をすること、そして、その行動をした段階では0に戻るだけなので、周りに追い付いてはいません。それを理解し、追い付く努力し続けることです。


中3生が受験を意識でき始めていると感じています。「もっと勉強しておけば良かった」「成績ってこんなに大事だったんですね」という言葉も出てきています。中1からしっかり頑張ってきた生徒と、最近頑張り始める生徒との差は非常に大きいです。ここで、注意したい考えが2パターンあります。


1つ目は、『あいつと同じくらい勉強してるのに自分の方ができない。自分はダメなんだ…』というネガティブな考えです。事実『能力差』はあります。しかしその大半は『今までどれだけ頑張ってきたか』です。例えば、サッカー歴3年の努力家と、先週サッカーを始めたばかりの人。後者が1週間どれだけ頑張っても、追い付かないですよね?中3になって、ようやく火が付き始めたときにこの考えになってしまうと、自信がなくなり無力感を感じるので、勉強するのが嫌になります。


2つ目は、『今までは頑張ってなかったからこんな成績だけど、頑張れば俺はデキるから、志望校は〇〇高校です!』という自分を過大評価した考えです。テスト前に自信たっぷりだったのに結果が悪い生徒、「分かってるから大丈夫」というセリフが多い生徒、言い訳が多い生徒によくある傾向です。このタイプは、失敗すると周りの責任にするため、しっかり対応しないと改善されません。定期試験での失敗はまだしも、高校受験での失敗は今後に大きく影響します。


成績の取り方が分からないということは、人から評価される方法が分からないということ。勉強の仕方が分からないということは、仕事のやり方が分からないということ。宿題のやり方が分からないということは、自己研鑽のやり方が分からないということ。100%当てはまるわけではありませんが、将来そうなることが十分考えられます。


パソコンやスマホなど便利なものが増えた今、『考える』『試行錯誤する』ということができない子どもが増えてきています。何かあると『ネットで調べた』『〇〇のHPにそう書いてあった』と理由付け、自分で考えるということを放棄します。調べることは悪いことではありません。それを鵜呑みにしてしまうことが悪いことです。


何かをやると決めるのは自分、やらないと決めるのも自分です。未来の自分が今の自分に納得できるように、行動をしましょう。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

テストの点数アップ

志望校に合格するためには、様々な努力をし様々な結果を出す必要があります。志望校に応じて内申点を取る努力をしなければなりませんし、そのためにはテストでの結果や提出物の点数などが必要です。当日の筆記試験で良い点数を取るためには、過去問を解く必要があり、それで結果を出すためには模擬試験で結果を…の様なことです。様々な努力とそれによる成功体験が志望校の合格率を上げていきます。 その一歩目が『テストで点数を

合格を勝ち取る方法

今年は全員が合格を勝ち取ってくれました。 男女別定員が廃止されて初めての受検。今までと同じ予測で良いのか、内申が高いとされる女子の方が有利なのかなど不安はありましたが、みんな頑張ってくれました。 当塾で力を入れて行っている合格を勝ち取るための秘訣をお伝えします。 ①できる限り早い段階で目標設定をする 「この高校に行きたい」という気持ちを持つとモチベーションも上がりますし、やるべきレベルが明確になる

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

Comments


bottom of page