top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

校長会の倍率

都立入試の校長会の倍率が発表されました。


休校で始まった今年。中3になったという自覚が足りず、高校見学に行けず、受験意識がなかなか高まらなかった生徒も多かったと思います。受験に対して不安になったり、当事者意識がなかったりということから、安全な合格を勝ち取るために私立単願を希望する生徒が増えるかと考えていましたが、都立志望の生徒は前年度から1.2%減と、そこまで大きな変動はありませんでした。


しかし、高校間の倍率の差が大きくなりました。大田区が含まれる旧第一学区では、小山台(男子1.20、女子1.19)と雪谷(男子1.28、女子1.29)の倍率が下がり、三田(男子2.08、女子2.93)と田園調布(男子1.97、女子2.00)の倍率が上がりました。考えられる理由としては、『下げ止まり』があります。

旧第一学区の高校は、日比谷(900)、小山台(830)、三田(810)、雪谷(700)、田園調布(670)、大崎(540)…という順になっています。(かっこ内は男子の1000点中の合格点の目安。) 日比谷は自校作なので特別な対策が必要になります。共通入試では上記の様に、三田と雪谷の間、田園調布と大崎の間、それぞれに大きな差があるため、「小山台や三田は厳しい気がするけど、雪谷には下げたくない。三田にしよう。」「大崎には下げたくないから田園調布で勝負しよう」という『下げ止まり』が起きます。これにより、小山台と雪谷の倍率が下がり、三田と田園調布の倍率が上がるという現象が起きていると考えられます。

また、小山台と雪谷はスポーツも盛んな文武両道の高校です。それが避けられた可能性もあります。


高校見学に行けなかったことや、昨今の子どもたちの性格や考え方から、『行きたい高校』がある生徒が減ってきているため、この『下げ止まり』が起きます。「不合格は嫌だけど、大きく下げるもの嫌。」「下げて受かるくらいなら挑戦して落ちた方が恥ずかしくない。」などと考えるケースがあります。本来は『行きたい高校』を見つけて、努力し、合格を勝ち取ってもらいたいですが、今年度は見学に行けなかったから分からないという生徒もいるため、難しい部分もあります。挑戦はしてほしいですが、価値のある挑戦でなければなりません。大した努力もせず、E判定なのに、下げたくないからそこを受けるというのは、正しい挑戦ではありません。何も得られず、成長することはできないでしょう。


どの高校を受ければよいのか、自分に合う高校はどこか、お悩みの方はぜひご相談ください。無料で進路相談を承っています。メールでのご相談も可能です。お気軽にお問い合わせください。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page