top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

目標と現実

都立の二次募集も終わり、ほとんどの中3生の進路が確定しました。

第一志望に合格した皆さん、おめでとうございます。今、勉強をサボっている人はビリから高校生活が始まりますよ。私みたいにならないように、第一志望に合格できたからこそ、しっかり勉強しておきましょう。

残念ながら第一志望に合格できなかった皆さん。悔しさや悲しい気持ちはまだ残っていますか?いつまでもへこんでいるのは良くないですが、悔しさを忘れてしまうのもダメです。確かに『不合格』は『負け』です。しかし、『負け』自体は悪いことではありません。『負けただけ』『負けっぱなし』が悪いことです。なぜ不合格になったのか考えましたか?同じことを繰り返したいですか?負けの悔しさを味わったからこそ強くなれます。大学受験で合格を勝ち取る、やりたい仕事や働きたい会社を見つけて頑張るなど、これから先にチャンスはいくらでもあります。負けから逃げずに受け止め、糧として活かしてください。


過去にこんな三者面談をしたことがあります。中3の冬休みに入塾希望。内申オール3。偏差値48。第一志望は小山台高校。12月の模擬試験で判定はE。…どう思いますか?その面談で私は、合格は不可能だと伝えるしかありませんでした。そう伝えると「無理なら違う塾に行く」となったためその後は分かりませんが、とても合格できたとは思えません。では、いつからなら合格に間に合ったのでしょうか。中3の2学期から?中3の初めから?…その生徒の状況や能力にもよりますが、遅くとも中2の1学期には始めないと間に合わなかったでしょう。


『気付いた時には遅かった』受験ではこれが怖いです。我々ができるのはサポートのみです。勉強するのも生徒自身、結果を出すのも生徒自身です。しかし、経験が無いため、どれくらいやれば良いのか、何をやれば良いのかが1人では分かりません。それを我々が指導します。成績で3を取るには何をどれくらいやれば良いのか、4や5を取るにはどれくらいか。偏差値を上げるための勉強法は、優先すべき科目や単元は…それを独学で正しくできる中学生はほぼいません。自己評価の『俺は頑張ってる』『ちゃんとやってる』では結果に繋がりません。


学校が休校の今、この1ヶ月の過ごし方は今後に大きな影響を与えます。残り半月ほど。今後のために何をすべきか、どのレベルが自分に適切か。『あの1ヶ月を無駄にしなければ…』と言わずに済むようにしましょう。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

テストの点数アップ

志望校に合格するためには、様々な努力をし様々な結果を出す必要があります。志望校に応じて内申点を取る努力をしなければなりませんし、そのためにはテストでの結果や提出物の点数などが必要です。当日の筆記試験で良い点数を取るためには、過去問を解く必要があり、それで結果を出すためには模擬試験で結果を…の様なことです。様々な努力とそれによる成功体験が志望校の合格率を上げていきます。 その一歩目が『テストで点数を

合格を勝ち取る方法

今年は全員が合格を勝ち取ってくれました。 男女別定員が廃止されて初めての受検。今までと同じ予測で良いのか、内申が高いとされる女子の方が有利なのかなど不安はありましたが、みんな頑張ってくれました。 当塾で力を入れて行っている合格を勝ち取るための秘訣をお伝えします。 ①できる限り早い段階で目標設定をする 「この高校に行きたい」という気持ちを持つとモチベーションも上がりますし、やるべきレベルが明確になる

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

Commenti


bottom of page