top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

結果が出ないタイプ

テストの結果が悪かった、成績が上がらなかったというときに、「どうすればいいと思う?」「何をすれば上がると思う?」の様なことを子どもに聞いたことはありませんか?


その時、

「次は頑張る」

「勉強する」

という返答をする子どもの大半は結果が出ません。具体的に何をすれば良いか分かっておらず、考えてもいないからです。『次は頑張る』の『次』とは、いつ何があるのか、いつから勉強を始めるのか。『勉強する』というのは何をするのか、どの科目をどう勉強すれば良いのか。そういったことが分かっていません。

結果が出せる子どもは、『今回は英語の読解ができなかった。文法が分かってなくて、訳せない分があったから。だから文法をもっと勉強する。』の様に、具体的に言うことができます。


定期試験があり、模擬試験があり、様々な『結果』というものが出ます。良い結果が一番欲しいのは受験の結果ですよね?残り5ヶ月。それまでに、いつ、何回、定期試験や模擬試験があるのか。どれくらいの点数が取れれば良いのか。いつから、どのように、何を勉強すれば良いのか。これらを分かっていますか?目標に対して計画を立て、正しく努力をするという力は、大人に必要とされる力です。それを身に着けるためにも、受験に対する努力は重要です。


行きたい高校への合格を勝ち取るために、しっかり、正しく、努力をしていきましょう。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page