top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

自分の状態


①言われなくても勉強する ②言われれば勉強する ③言われても勉強しない A 上位生 B 中堅生 C 下位生


上記の①~③とA~Cを組み合わせて、9パターンの中から自分に近いものを選び、危険度を知っておいてほしいと思います。今年度の受験は本当にどうなるか分かりません。例年と問題傾向が大きく変わる可能性もありますし、今後も休校があると思われるので、出題範囲が狭くなる可能性もあります。しかし、『分からなかったから不合格でも仕方ない』とはなりませんし、そうしたくありません。例年の中3生よりも危機感を持って、受験に向かって行ってほしいです。


①A 言われなくても勉強する上位生

特に大きな心配はありませんが、難関校を目指している場合に経験不足になる可能性があります。カリキュラムが終わるのが遅れるほど、入試対策の量が減るからです。塾に通っている人は先生にしっかり相談しましょう。


②A 言われれば勉強する上位生

2番目に危険なパターンです。言われないと勉強しないということは、今サボっている可能性が高いです。①Aの人と差が大きくなります。上位校を目指すのであれば、今のサボりが命取りになります。


③A 言われても勉強しない上位生

こういう人はごく少数だと思いますが…勉強しないのに上位にいるのであれば吸収力が高いということです。休校明けに危機感を感じて、ペースが上がれば大丈夫かもしれません。


②A 言われなくても勉強する中堅生

現状をキープするのであれば大きな問題はありません。しかし、『言われなくても勉強する』のに中堅生ということは、日頃の学習効率が悪い可能性があります。例えば、『社会の予習の課題を、教科書を見ながら埋めて○付けをしている』という人は危険です。社会が大好きであれば良いですが、基本的には『できたつもり』になるだけです。自己テストをするなどしましょう。


②B 言われれば勉強する中堅生

最も危険なパターンです。休校明けに下位になっている可能性があります。課題を『こなしているだけ』になっていませんか?復習の範囲のに×があったときに何を考えますか?予習のやり方が分からず×だらけになっていませんか?皆さんが受験する高校は高倍率です。特に今年は上記の②Aや③Aの人が下がってくるケースも考えられます。何をすべきか、どうやれば良いのかを先生に相談しましょう。


②C 言われても勉強しない中堅生

勉強しないのに中堅レベルにいられるということは、能力的には低くないですが、向上心が無いということです。このタイプは、自分の成績ダウンに対して志望校も下げるため、無謀な挑戦をしたり、不合格になって悔しい思いをしたりはしません。が、休校明けには間違いなく下位になります。


③A 言われなくても勉強する下位生

…少ないというよりも、ほぼいないと思います。勉強のやり方が大きく間違っていて『やったつもり』になっているか、キャパシティ的に限界かのどちらかです。先生に相談をしましょう。


③B 言われれば勉強する下位生

相対的には状況は変わらないので、志望校を下げなければならないということは無いと思いますが、反対に中堅に上がる大きなチャンスです。これを機にしっかり勉強して中堅レベルに上げてみませんか?


③C 言われても勉強しない下位生

そもそも学校から出された課題をやっていますか?やっていても、答えを丸写ししていませんか?東京都であれば、どんなに勉強できなくてもとりあえず高校生になれますが。過去にない休校なので、自分を変えれば過去にない挽回も可能だと思います。


本当はもっと細かく分けたいですが、ひとまず9パターンにしました。この事態をチャンスと捉えられた人が、過去に類を見ない成長を遂げるのだと思います。やるべきことが分からない人は、下にある問い合わせフォームをご利用ください。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page