top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

苦手科目を

『苦手を克服して得意になった!』


親としては子どもから聞きたいセリフかも知れませんが、塾講師としては嬉しさと同時に悲しさもある言葉です。もちろん、苦手科目を改善させる気がないわけではありませんし、高校受験では苦手科目から逃げることはダメです。なぜ苦手科目ができるのでしょうか。また、なぜ克服できるのでしょうか。


個人的な結論からすると、苦手科目ができるのは

①勉強を頑張ってきた結果、得意と苦手に分かれた

②サボっていて分からなくなった、難しくなってきてついていけなくなって苦手になった

③先生や大人が原因で嫌い(苦手)になった

上記のどれかに該当することが多いと思います。


①これは当然のことであり、仕方ないことです。全てが万能にできる人間はいません。得意不得意は誰にでもあります。この場合は、得意科目と苦手科目の差を少なくしていくことが重要です。例えば、得意の英語が80点で苦手な数学が60点だったとします。次のテストまで頑張り続けた結果、英語が85点で数学が95点になりました!…の様なことは、今までも頑張ってきていたのであればそうそう起きません。英語が85点で数学が70点になるように、差が小さくできるように努力をしましょう。苦手科目の穴を小さくすることで総合点が上がり、合格に近づきます。


②これは苦手と言ってはいけないことです。やってなかった、またはついていくための努力をしなかったのだから、そもそも得意か苦手かが分かりません。やればできる可能性もあります。ただし、改善は大変です。自分が分からないところまで戻って復習している間にも、学校の内容は進んでいきます。普通の努力では追い付いてこれません。周りの人よりも頑張って、少しづつ差を詰めるしかありませんが、それが続かずに、苦手だと思い込んだままの人が多いです。このケースは、どこから分からないのか、それは入試に必要なのか、今復習が必要なのかを判断し、適切に対応する必要があります。


③これが最も改善しやすいですが、悲しい気持ちにもなるものです。『数学が苦手』と言って入塾してきたのに『あれ?普通にできるぞ?』と思ったことが何回もあります。理由を聞いてみると『〇〇先生の説明は分からない』『質問できない』『質問すると怒られる』という意見や、『あなたは数学苦手だからね』『やってもできないでしょ』『こんな問題もできないのか』と言われたなどの話が出てきます。こういったことから『嫌い』と思うようになり、それが『苦手』と思い込む原因になります。周りの大人の影響で、子どもの可能性を縮めているということです。もちろん、生徒自身の気持ちの弱さやワガママもあります。説明が分からないというのは聞く側が言うことではありませんし、質問できないというのも『質問しない』と決定したのは自分自身です。怒られても質問してできるようになった方が良いはずです。しかし、それだけ気持ちの強い生徒は少ないのが現状です。


さて、今苦手科目がある人は、自分がどれに該当すると思いますか?①であれば、しっかり努力していて、自分の性質を知っているということになります。②③であれば、十分改善が見込めます。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page