top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

身につけてほしいこと

更新日:2020年10月28日

先日、大森第七中学校の学芸発表会を見に行きました。自分もこんな風にやっていたのかなという懐かしい気持ちになりつつ、クラスごとに盛り上がっている様子を見て、学校行事っていいものだなと思いました。


文化祭以外にも学校行事は様々ありますが、皆さんはどんな気持ちで参加をしていますか?また、行事から何を得ましたか?どんな成長ができましたか?なぜ、勉強に関係のないことを学校でやるんでしょう。塾で文化祭とかやらないですよね?(個人的にはやりたいんですが…)


社会人として必要な力は様々あります。計画力、行動力、判断力、コミュニケーション力、モチベーション管理能力、育成能力、管理力など。協調性や寛容性も必要ですね。それらを育成するのも学校の役割の1つだと思います。合唱祭で優勝するために、自由曲は何にするのか、どう練習するのか、パート分けはこれで正しいか、仲間や音楽の先生に相談できているか、みんな前向きに頑張れているか、苦手な部分の改善はできているか、バランスはどうかなど。深く考えていなくても、そういったことが自然とできていると思いますが、意識しながらやると、より一層効果が上がりますし、より一層楽しくできると思います。


特に『モチベーション管理能力』を身につけてほしいと私は思っています。『好きなことをやりたいときにやることができる』これは普通です。『やらなければやらないものを、やる気がなくてもやる』または『やる気を出す』。そういった心の管理ができるようになってほしいです。それを勉強に活かせば成績アップに繋がります。また、友人のやる気を出させることができれば、リーダーに必要な資質の1つが身についたことになります。


やる気を出すためのポイントとしては、①成功した未来を想像すること、②小さいステップを決めること、③自分へのご褒美を決めること、などが一般的です。勉強、学校のテストで考えてみると、『テストの点数が20点上がった』という自分を想像して気分を上げる。いきなり全暗記はできないので1日10個と決めて暗記をし、必要に応じて自己確認テストをする。テストが80点以上だったら〇〇を買ってもらえる。という感じです。


心のコントロールができるようになってくると、緊張して力が発揮できない、パニックになるなども防げます。社会人として仕事をする上でも重要なことです。


さあ、今は期末前。モチベーションを高めて、勉強に励みましょう。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page