top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

都立高校合格に向けて

進学研究会から最新の都立高校合格めやす表が届きました。

6月の暫定版ではありますが、近隣の都立高校は以下の様になりました。


高校名  昨年度→今年度

日比谷  910 → 925

小山台  840 → 860

三田   835 → 850

雪谷   705 → 720

田園調布 690 → 705

※スピーキングテストは含まず1000点満点


一部抜粋ですが、上記の様に15点から20点上がりました。

「また上がったのか」「より厳しくなる」...と思いましたか?


例えば平成31年度のめやすだと、小山台は845(男女平均)、雪谷は710でした。

昨年度と今年度の中間くらいです。つまり、上がり続けてきたというわけではありません。大変だ、キツイ、どうしようなどと思い込むのではなく、情報を正確に把握し、自分に適用することが重要です。


期末テストの結果から成績がどうなりそうか。

それは目標に対してどうなのか。

2学期はどの科目を上げられそうか。

そのためにはどうすれば良いのか。

成績からすると偏差値はどれくらい必要になりそうか。

今の偏差値はどれくらいか。

どのくらいの努力や期間で目標の偏差値に届くのか。

どういう勉強をすれば偏差値は上がるのか。


考えるべきこと、実施すべきことはたくさんあります。

小沢塾では、最初は私が勉強方法の指導を行います。勉強を重ねるにつれて生徒自身が考えて、正しい方法で勉強ができるようにさせていきます。『成績が〇〇だから偏差値は〇〇くらいほしい。だから今回の模擬試験では数学はあと10点必要だから、正答率から考えてこれとこれを解き直そう。英語は…』と生徒自身が行動できるようになります。テストの目標点が正確に定まっているため勉強の過不足が起こりにくくなり、目標の偏差値が決まっているため効率的に解き直しができます。これが確実な合格に繋がっていきます。また、自己分析や目標までの計画を立てることができるようになるので、今後にも役立ちます。


夏休み前の今、ダラダラしていませんか?

行動が早い人ほど受験の合格率は上がります。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

塾選びの注意点

「今通っている塾に入るときに面談をしたんですが、面談の時に聞いた話と実際の対応が全然違ったんですよ。お願いしたこともやってくれないし...。」 先日面談をした保護者の方からこんなことを言われました。 今日は塾での面談時、特に体験を始める時や入塾を決める時に知っておいて欲しい注意点を3つお伝えします。 ①塾全体の自慢をする 「当塾は〇〇高校に〇〇名もの合格者を出しています。」 「当塾には〇〇というシ

テストの点数アップ

志望校に合格するためには、様々な努力をし様々な結果を出す必要があります。志望校に応じて内申点を取る努力をしなければなりませんし、そのためにはテストでの結果や提出物の点数などが必要です。当日の筆記試験で良い点数を取るためには、過去問を解く必要があり、それで結果を出すためには模擬試験で結果を…の様なことです。様々な努力とそれによる成功体験が志望校の合格率を上げていきます。 その一歩目が『テストで点数を

合格を勝ち取る方法

今年は全員が合格を勝ち取ってくれました。 男女別定員が廃止されて初めての受検。今までと同じ予測で良いのか、内申が高いとされる女子の方が有利なのかなど不安はありましたが、みんな頑張ってくれました。 当塾で力を入れて行っている合格を勝ち取るための秘訣をお伝えします。 ①できる限り早い段階で目標設定をする 「この高校に行きたい」という気持ちを持つとモチベーションも上がりますし、やるべきレベルが明確になる

Comments


bottom of page