top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

集中力

学習の効果は集中力によって決まると言っても過言ではありません。(一部の天才的な子どもは除きますが)集中せずに漢字や単語の暗記をしようとしても、頭に残らないでしょう。数学の問題を解くにしても、集中してなければミスをしたり、ポイントを見落としたりする可能性が高いでしょう。

「頑張ろう」と思い勉強を始めてみても、わからない、めんどくさいなどの気持ちに負けてしまい集中が続かず、机に向かう時間だけ長くなる…という人もいると思います。


勉強というものに関して、目的意識、競争心、負けん気というものを持っている子どもが減ってきていると感じます。自分より点数の良い人を見て、「凄い」と思っても、追い付こうとか負けないぞという思いには至らない。自分の点数が悪いときには、自分より悪い人を探して安心する。悪いことを自分の責任として考えられない。親や先生から圧がかかると耐えられない。そんな気持ちの弱い生徒が多いです。


様々なものが発展し、将来の選択肢が増えている今、勉強というものを頑張って良い高校、良い大学に行く価値は、確かに減ってきているとは思います。個性の尊重という意見のもと、頑張らせるという行為自体に反対している人もいます。

私も『勉強ができるようになれば良い』とは思っていません。目標に向けて努力できる精神力、やりたくないときでも集中する力など、学生のうちに身につけさせたいものがあり、それを身につけさせるため、良い高校に行き良い仲間に出会うために、勉強を頑張るべきだと考えています。


勉強や、やりたくないことに集中できないのは、メリットや危機感が無いからです。

『ほうきを指先で10秒立てていられたら100万円』と言われれば、凄まじい集中力を発揮するでしょう。『銀行強盗に銃を突きつけられている』という状況で眠くなったり、「今日の夕飯何かな~」など他のことを考える余裕は無く、助かる方法を集中して考えるはずです。

本来は、点数を上げたい、成績を上げたい、〇〇高校に行きたい、お母さんに褒めてもらいたいなどのメリットや、恥ずかしい点数を取りたくない、△△に負けたくない、叱られたくない、高校不合格になりたくないなどの危機感から、集中して勉強できるものですが、前述のとおり、目的意識、競争心、負けん気が無いため集中できないという生徒が増えています。『勉強ができない』というのは、それを使う専門的な職業につかない限り、大きな問題にはなりません。しかし、『努力できない』『集中力がない』というのは、どんな職業に就くにしても致命的です。それを大人になってから身につけようとしていては、時間の無駄です。


集中力はすぐに得られるものではありません。トレーニングが必要です。そのトレーニングを頑張らせるために、ご褒美を用意する、親と競争する、ペナルティを設ける、短期間の目標設定をする、など様々な方法があり、性格や状況によって対処法が変わります。うちの子は集中力がない…とお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page