top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

進路指導

学校、塾の進路指導の質が悪い。

ここ数年、特に強く感じるようになりました。


行きたい高校、受験する高校を決めるのは本人です。もちろん家族との相談は必要ですが、本人の気持ちが最優先だと考えています。それに対して、レベルは適正か、合格率はどうか、どれくらいの努力が必要か、高校の雰囲気は合うのか、その先の大学や専門学校などは希望に合うのか、などを考えてアドバイスをするのが進路指導です。


以下の様なことを学校や他塾で言われたと聞きます。


「〇〇高校は無理だから△△高校以下にしろ」

もちろん、無謀な高校を言う生徒もいます。しかし、『無理』と言う前に、どれくらい差があって、どれくらい頑張らないと合格できないかという状況の説明が必要です。相手は受験経験のない学生なのですから。合格させてあげたいならまだしも、学校や塾の合格率が下がることを避けるための発言なら最悪です。子どもの可能性を狭めます。


「〇〇高校希望と聞いたけど、△△高校にも届くからこっちにしよう」

成績的に届くからと言って、校風などを考えずにレベルだけで高校を判断しようとするのも間違いです。スポーツが盛んで理系教育を強化している高校を、語学が好きで文化部の生徒にすすめる。負けん気が強く努力してまだまだ伸びそうな生徒に、現状合格できる大学付属高校の推薦をすすめる。こんなことをしていると、高校生活の充実度が下がり、その先の選択肢も狭まります。合格実績のために有名校を受けさせようとする塾も多いです。


「〇〇高校?滑り止めは受けるのね?じゃあいいんじゃない?」

指導する気がない先生のセリフです。自由に決められると考えれば良いのかも知れませんが、塾に通っておらず、適切なアドバイスが受けられない生徒だと、無謀な受験プランになってしまう可能性があります。


高校選びは人生を大きく左右する可能性があります。東京都には、自分に合うところを探すのが大変なくらいの多くの高校があります。充実した高校生活のためにも、その後の選択肢を多くするためにも、慎重にしっかりと選んでいただきたいです。


当塾にお通いでない方でも無料で進路面談を実施しております。問い合わせフォームに進路面談希望の旨をお書きいただき、お申込みください。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page