top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

2年目も全員合格

開校2年目の受験が終わりました。

昨年に続き、全員が第一志望に合格を果たしてくれました。

(ダブルスクールの生徒を除きます)


合格したことはもちろん嬉しいですが、今年の中3生が受験を通して得た最大のものは『自分で目標を決め、必要な努力をし、逃げずに立ち向かい、結果を出した』という経験ができたことだと思っています。勉強面では、『正しい自己分析をし、正しい勉強方法で学習できるようになったこと』が大きいです。


受験前、最後の模試が終わる1月中旬。不安になる生徒が多い時期。

不安を口にしながらも、「それでも〇〇高校に行きたい!」と強く気持ちを持ち、逃げませんでした。自分の目標点、得意不得意、解かなければならない問題と捨て問、克服しなければならない弱点、様々なものを自身で把握し、努力してきました。「勉強しろと言われても、何をしたら良いか分かりません」と言っていた生徒が、「前回の模試でここができなかったから、そこの復習をしたいんですが、こういう方法で良いですか?」と言えるようになりました。そういった成長が非常に嬉しいです。


この経験、成長が今後に活かされることを願っています。


さあ次は現中2生の番です。

志望校はありますか?自分の成績でそこに合格できそうですか?どれくらいの差がありますか?その差を埋めるための勉強方法は?


不合格になる生徒の大半の理由は『準備不足』です。『能力不足』ではありません。

定期試験の後、「もっと勉強しておけば良かった」と思ったことはありませんか?あるのであれば、その後はしっかり勉強していますか?…してない人が多いと思います。それが準備不足であり、次の定期試験の失敗に繋がります。

今の自分と行きたい高校の差を知ること。そこまで成長するのに必要な学習量・時間などを理解すること。逃げずに努力し続けること。これが合格の秘訣です。


私は100m走で、全盛期のウサイン・ボルト選手に勝てます。

…ボルト選手よりも20秒早くスタートさせてもらえれば……反則ですが…

スタートが早いほど有利なのは当然です。そして勉強ではスタートが早いことは反則ではありません。合格を勝ち取るために行動を始めてください。

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page