top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

テスト後

更新日:2021年3月23日

「あー。やっと終わった。」

「よし、部活頑張るぞ!」

「良い点数が取れた!」

「あまり良い点数が取れなかった…」

テスト後にそんなことしか考えていないと、次に繋がりません。


大切なのはテスト後の解き直し…と言われることもありますが、それは入試対策における模擬試験の場合です。定期試験において、テスト後にやる最も重要なことは『分析』です。学校の先生はどのような問題を出してきたのか。ワーク、プリント、ノート、授業中の話、どこからたくさん問題が出されたのか。自分の対策が不十分だったところはどこか。次のテストに向けて、どのように準備をしていくか。テスト後は、そんな『分析』を実施してほしいです。実際に、高得点を取ってくる生徒たちは、「〇〇先生はこういう問題を出してきます。」「授業中に、ここから出すって言ってました。」など、定期試験に関しての情報をたくさん持っています。もちろん解き直しも重要ですが、学校の定期試験で扱われる問題が全て入試に出るわけではないため、全てを解き直す必要はありません。(解けなくてもよいというわけではありませんよ!) しっかりと分析をして、次のテストの点数に繋げましょう。


そして、親が最もやってはいけないことが『テストの点数が悪かったから叱る』ということです。子どもは”テストが返ってきた日”には悪いことはしていません。勉強を怠るという悪いことをしていたのはテスト前です。悪いことをしていない時に叱られるので、反発や文句が出ますし、それによるプラスが1つもありません。そうはいっても、親子間で冷静に分析をするということは難しいのが実情だと思います。だからこそ、塾で分析をし、反省をさせ、次に繋げることが重要です。


今回のテストの点数が悪かったからといって取り返しのつかない重大なことは起きません。(2学期中間なので中3は別です。) テストの点数が”悪いまま”にしておくことが、後に大惨事に繋がりかねないのです。それは社会に出てからも同じです。失敗から学び、改善をしなければならないからです。テスト後の過ごし方を正しいものにしていきましょう。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page