top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

努力

努力して結果が出ると、自信になる。

努力せず結果が出ると、傲りになる。

努力せず結果も出ないと、後悔が残る。

努力して結果が出ないとしても、経験が残る。


私の好きな言葉の1つです。生徒たちには自信と経験を積み重ねてほしいと思っています。


生徒に心に刻んでほしいのは、3行目の『後悔が残る』という部分です。後悔というのは、その字のまま『後から悔やむこと』という意味です。学校のテストや部活の試合などで、後悔をしていることがあると思いますし、していると信じたいです。後悔が成長につながるからです。


「言い訳をするな」と言うセリフを聞いたことがある方が多いと思いますが、私は勉強においてはどんどん言い訳をしてほしいと思っています。言い訳ができるということは、点数が取れなかった原因を把握しているということです。言い訳をたくさんし、それを繰り返さないことが点数アップに繋がります。言い訳が出ないということは、改善するための方法を考えていない、改善できないと思っているということです。言い訳だけして行動しないのはダメですよ。


さて、努力というのはどういうものでしょう。意味は『目標の実現のため、心身を労してつとめること』です。努力の仕方というものは目標によって変わるということです。例えば検定試験のようなものであれば、合格ラインが決まっているため、そこに達するだけの努力をすればOKです。つまり絶対評価ということになります。では、目標を志望校合格とした場合を考えます。そうすると努力は相対評価になります。入試制度にもよりますが、基本的に上位者から合格していくからです。「俺は頑張った」というものはダメということです。『1日3時間勉強を頑張った』という状況をどう思いますか?同じ高校を目標とするライバルたちが1日2時間なら勝てるかもしれません。しかし、自分が今負けている状況であれば足りない可能性もありますし、ライバルたちが1日4時間なら負けですよね。


テスト後に「頑張ったのに点数取れなかった」という言葉をよく耳にします。状況にもよりますが、この言葉は基本的には間違っています。ここでいう『頑張った』とは自己評価だからです。目標達成のためには、その目標と現状との差から、正しい量と方向の努力が必要です。それは経験によって身につくものなので、すぐにはわかりません。だからこそ言い訳をし、それを1つ1つ改善することで点数アップに繋がります。あなたは今回のテストにどのような言い訳がありますか?それを改善する行動はすでに始めていますか?

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

塾選びの注意点

「今通っている塾に入るときに面談をしたんですが、面談の時に聞いた話と実際の対応が全然違ったんですよ。お願いしたこともやってくれないし...。」 先日面談をした保護者の方からこんなことを言われました。 今日は塾での面談時、特に体験を始める時や入塾を決める時に知っておいて欲しい注意点を3つお伝えします。 ①塾全体の自慢をする 「当塾は〇〇高校に〇〇名もの合格者を出しています。」 「当塾には〇〇というシ

テストの点数アップ

志望校に合格するためには、様々な努力をし様々な結果を出す必要があります。志望校に応じて内申点を取る努力をしなければなりませんし、そのためにはテストでの結果や提出物の点数などが必要です。当日の筆記試験で良い点数を取るためには、過去問を解く必要があり、それで結果を出すためには模擬試験で結果を…の様なことです。様々な努力とそれによる成功体験が志望校の合格率を上げていきます。 その一歩目が『テストで点数を

合格を勝ち取る方法

今年は全員が合格を勝ち取ってくれました。 男女別定員が廃止されて初めての受検。今までと同じ予測で良いのか、内申が高いとされる女子の方が有利なのかなど不安はありましたが、みんな頑張ってくれました。 当塾で力を入れて行っている合格を勝ち取るための秘訣をお伝えします。 ①できる限り早い段階で目標設定をする 「この高校に行きたい」という気持ちを持つとモチベーションも上がりますし、やるべきレベルが明確になる

Kommentare


bottom of page