top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

努力

努力して結果が出ると、自信になる。

努力せず結果が出ると、傲りになる。

努力せず結果も出ないと、後悔が残る。

努力して結果が出ないとしても、経験が残る。


私の好きな言葉の1つです。生徒たちには自信と経験を積み重ねてほしいと思っています。


生徒に心に刻んでほしいのは、3行目の『後悔が残る』という部分です。後悔というのは、その字のまま『後から悔やむこと』という意味です。学校のテストや部活の試合などで、後悔をしていることがあると思いますし、していると信じたいです。後悔が成長につながるからです。


「言い訳をするな」と言うセリフを聞いたことがある方が多いと思いますが、私は勉強においてはどんどん言い訳をしてほしいと思っています。言い訳ができるということは、点数が取れなかった原因を把握しているということです。言い訳をたくさんし、それを繰り返さないことが点数アップに繋がります。言い訳が出ないということは、改善するための方法を考えていない、改善できないと思っているということです。言い訳だけして行動しないのはダメですよ。


さて、努力というのはどういうものでしょう。意味は『目標の実現のため、心身を労してつとめること』です。努力の仕方というものは目標によって変わるということです。例えば検定試験のようなものであれば、合格ラインが決まっているため、そこに達するだけの努力をすればOKです。つまり絶対評価ということになります。では、目標を志望校合格とした場合を考えます。そうすると努力は相対評価になります。入試制度にもよりますが、基本的に上位者から合格していくからです。「俺は頑張った」というものはダメということです。『1日3時間勉強を頑張った』という状況をどう思いますか?同じ高校を目標とするライバルたちが1日2時間なら勝てるかもしれません。しかし、自分が今負けている状況であれば足りない可能性もありますし、ライバルたちが1日4時間なら負けですよね。


テスト後に「頑張ったのに点数取れなかった」という言葉をよく耳にします。状況にもよりますが、この言葉は基本的には間違っています。ここでいう『頑張った』とは自己評価だからです。目標達成のためには、その目標と現状との差から、正しい量と方向の努力が必要です。それは経験によって身につくものなので、すぐにはわかりません。だからこそ言い訳をし、それを1つ1つ改善することで点数アップに繋がります。あなたは今回のテストにどのような言い訳がありますか?それを改善する行動はすでに始めていますか?

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page