top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

指導の基本

『指導の基本は本人が気づくための時期を待つ』


上記は羽生善治さんの言葉です。私も同じような考え方で生徒指導をしています。



『考えを聞く』

『やらせてみる』

『アドバイスをする』

『信じて待つ』

『結果について話し合う』

学校の勉強というものをしていく上で最も避けたいと思っていることが生徒が『やらされている』と感じることです。恐怖を与えて強制的にやらせることは簡単で、点数も上がります。もちろんそれで良いという考え方もあります。子どもの考え、ペースに合わせることで成長が遅くなり、その結果が高校不合格に繋がることもあり得るからです。だからこそ『嫌われてもいいから強制的にやらせる』ということを実施するケースがあります。

しかし、私はそうしたくないと思っています。AIの開発が進んでいる今、言われたことしかできない人材は淘汰されていくと考えているからです。だからこそ、自分の目的を達成するための方法を考えられるようにさせていきたいです。

自分がどうしたいのかを聞く。どうすれば良いのかを考えさせ行動させる、その行動が正しいのかを顧みてアドバイスをする、いい意味で放っておく、テストなどで結果が出たときに検討し、反省と改善点を模索する。そんな指導をしています。



『失敗したことを責める』

『責任転嫁を容認する』

『否定的な言葉を言う』

『他人と比較する』

状況にもよりますが、私は上記の4つをしないように、子どもにもさせないようにしています。「これじゃあダメだ」「これは〇〇が悪い」「やっぱりできなかった」「あいつはできてるのに」これらは基本的には子どもを成長させません。

失敗はするものです。同じ失敗を繰り返さないことが成長です。『これは失敗ではなく、できないということを確認したという成功だ』と言った偉人もいます。私は中学生を一人の大人として扱います。そのため、責任も持たせます。そうさせてしまったことに対して、大人が反省する必要もありますが、それを子どもに伝えることはしません。結局、選択をしたのは自分だからです。他人との比較をしてしまうと、子どもは都合の良いところだけ比較をします。自分が悪かったときに「あいつの方が点数が低い」、友人が良い結果を出したときに「あいつとは違う」などです。比較ではなく、競争をさせるようにしています。



『世界に一つだけの花』という歌があります。その歌詞に『その花を咲かせることだけに一生懸命になればいい』という言葉があります。私は、子どもたちにそうあってほしいと願っています。自分のやりたいこと、人生をかけて挑戦したいことを見つけ、それに一生懸命であること。大切なのは一生懸命であることです。真摯に努力できる大人になっていってほしいです。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

都立高校合格に向けて

進学研究会から最新の都立高校合格めやす表が届きました。 6月の暫定版ではありますが、近隣の都立高校は以下の様になりました。 高校名  昨年度→今年度 日比谷  910 → 925 小山台  840 → 860 三田   835 → 850 雪谷   705 → 720 田園調布 690 → 705 ※スピーキングテストは含まず1000点満点 一部抜粋ですが、上記の様に15点から

塾選びの注意点

「今通っている塾に入るときに面談をしたんですが、面談の時に聞いた話と実際の対応が全然違ったんですよ。お願いしたこともやってくれないし...。」 先日面談をした保護者の方からこんなことを言われました。 今日は塾での面談時、特に体験を始める時や入塾を決める時に知っておいて欲しい注意点を3つお伝えします。 ①塾全体の自慢をする 「当塾は〇〇高校に〇〇名もの合格者を出しています。」 「当塾には〇〇というシ

テストの点数アップ

志望校に合格するためには、様々な努力をし様々な結果を出す必要があります。志望校に応じて内申点を取る努力をしなければなりませんし、そのためにはテストでの結果や提出物の点数などが必要です。当日の筆記試験で良い点数を取るためには、過去問を解く必要があり、それで結果を出すためには模擬試験で結果を…の様なことです。様々な努力とそれによる成功体験が志望校の合格率を上げていきます。 その一歩目が『テストで点数を

Comments


bottom of page