top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

プライド

うちの子、プライド高くって…

わからないって言えないんですよ。

間違えたこと、悪いことを認めたがらないんですよ。

失敗が怖いから、挑戦したがらないんですよ。

謝るのが嫌いなんですよ。


今までに1000人を超える生徒・保護者と面談をしてきました。その中で、男子に多い傾向ではありますが、上記のようなことを言われることが結構ありました。が、全て間違いだと考えています。もちろん、反抗期の子どもに言うことを聞かせるのは難しいですし、正論を言っても拗ねて終わりという可能性も高いですが、上記の内容を『プライドが高い』として『仕方ない』と判断して改善させないでおくと、子どもの成長が小さくなります。自分の非を認められない、自分が正しいと思い込み他者を認めない、器の小さな大人になります。

上記は全て『怖がり』なだけです。ちょっと言葉を悪くすると『ビビり』ということです。自分のマイナスを認めたくない、受け入れたくないだけです。


プライドが高いということの本質は『自分の成長のためにストイックになれること』だと考えています。わからないことが嫌だから、わからないことが不合格に繋がる可能性があるから、わかるまで質問する。間違いや悪いことを受け入れ、指導者と相談して改善する方法を模索する。失敗は怖いが、失敗しないための準備をきっちりして、挑戦する。たとえ失敗しても、そこから改善策を出し、必ず成長する。悪いことは素直に謝り、同じことを繰り返さないことを心に決め、努力する。これが『プライドが高い』ということです。勉強でわかりにくいのであれば、一流スポーツ選手を想像するとわかりやすいのではないでしょうか。


間違った『プライドが高い』というタイプの生徒は、ある程度でも改善しないと、第一志望の合格率が低いです。E判定でも『自分はどうにかなる』と思ったり、「この高校は厳しい」「勉強のやり方を変えるか、志望校を変えるか」という先生に対して、『この先生は間違っている』と考えたりします。また、そもそも実力からかけ離れた高校を第一志望にするケースも多いです。自分の能力は低くない、高いと思っているからです。さらに、不合格になった時は他人の責任にします。反対に、正しく『プライドが高い』生徒は、合格率が高いですし、厳しいと思った高校への逆転合格も多く見てきました。自分が成長するために、指導者の意見を正しく取り入れ、常に成長のことを考えているからです。このHPの卒業生の声に掲載させてもらっているK君という生徒も、その一人です。彼のプライドの高さ、『この高校に受かるためには何でもする』という気持ちと行動は、私の見てきた生徒の中でもトップクラスに入ります。


今年の受験は特殊です。不安を感じていない生徒はすでに危険です。学習相談は無料で実施をしています。ぜひ、お話を聞かせてください。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page