top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

冬休み

クリスマスにお正月。楽しいことが多いのに短い冬休み。

中3は受験直前なので、計画的に勉強をすることと思いますが、中2以下の皆さんは勉強の計画を立てていますか?冬休みは夏休みに比べれば短いですが、約2週間あります。2週間学校を休んでダラダラしていたら、周りとかなりの差がつきそうですよね。「周りも休んでるんだから変わらない」って思った人は、いつまでも成長できないタイプです。最近、なかなか成績が伸びないな…と思っている人は、以下を読んでみてください。


勉強に関して『伸び悩み』というのは、努力している人全員に起こることです。(注:努力していないから伸びないのは、伸び悩みとは言いません。) 私の中で勉強は下記の様なイメージです。ちょっと想像してみましょう。


よーいドンの合図でベルトコンベアーの上を逆走し始めます。スタートは全員同時です。ペースが速い人もいれば、遅い人もいます。少しずつ差が開きますよね。休むとその場に留まるのではなく、後ろに下がってしまいます。また、ちょっとペースを上げても、前の人にすぐには追いつけません。頑張り続けて1人抜いたとしても、その前の人を抜くためには、ペースをより上げなければなりません。さらに、このベルトコンベアーは進むにつれてどんどん速くなります。同じペースで走り続けているとどこかで進まなくなりますし、ペースを少しずつ上げているつもりでも、周りと同じペースであれば順位は変わりません。


いくつかポイントがあります。

①スタートが同時というのは生まれた瞬間です。小学校に入る前でも、疑問に思ったことを親に聞く、本を読む、テレビを見て興味を持ったことについて考えるなど、成長のタイミングは数多くあります。

②休む・サボるという行動は、進まないのではなく後退することになります。人間は忘れる生き物です。

③走るフォーム、つまり勉強の仕方も重要です。同じ時間走ったとしても正しいフォームで走った方が多く進みますし、疲労も少ないです。

④学習内容は難しくなっていくので、走るペースを上げ続けないと進まなくなります。単純に考えて、小1と高3が同じ勉強量で良いはずないですよね。


冬休み中に立ち止まっている人、ある程度勉強した人、学校に行っているはずの時間の分勉強した人、それ以上に頑張った人。2週間で差が大きく開きます。受験前日に神様が現れて、「お前に2週間の勉強期間を与えよう」って言われたらどう思いますか?その2週間は相当ありがたいですし、相当長いですよね。この2週間も、受験直前の2週間も同じ長さです。中1・2にとっては学年末試験も遠く、目標が定めにくいため、何をしたら良いかわからないという人もいるでしょう。だからといって何もしないと、後退して3学期が始まってしまいます。復習をするのか、予習をするのか。必要なものは個人個人違いますが、自分に必要な勉強をしましょう。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page