top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

精神力

何かをやり抜こうとする意志の力。気力。(Weblio 辞書参照)


私立高校一般入試のの合否が出てきています。合格した生徒さん、おめでとうございます。

高校受験の一般入試は、ほとんどの人が一校だけの受験ではないと思います。何日も連続して受験するため、前日の合否がわからないまま次の入試…なんていうことも多いですね。


さて、「チャレンジ校だから落ちても仕方ない」と思って受験をしても、いざ『不合格』というものが出されるとショックを受けますし、むしろ受けてほしいと思います。チャレンジとはいえ、そこに向けて勉強したでしょうし、勉強した分だけ悔しいはずです。その悔しさが成長に繋がるからです。しかし、全く勉強していないのに悔しく感じるタイプの人は、今後がちょっと心配です。自信を過大評価しているか、物事に対して楽観的過ぎる可能性があるからです。


今回のタイトルの『精神力』。これを受験勉強を通して鍛えたいと考えています。

大変そうなことだから挑戦しない、やったらキツかったからすぐ諦める、自分は努力したと言うが周りから見ると足りない。そんな人間にはなってほしくありません。中高大のときに努力を怠り、そんな大人になってから修正するのは本当に大変です。


例えば、自分で解けそうにない難問があったとき。

①何分かけても考え抜く。

②解けないと感じたらすぐ質問する。

どちらが正しいでしょうか。


基本的には①の方が良いですが、1問に2時間かけて分かったとしても、本番でそんなに時間はかけられませんし、効率も悪いです。また、『理解したつもり』になるのが怖いです。そんなに時間がかかったのであれば、きっとしっかり理解はできていない可能性が高いです。②の人は、ちゃんと解き直しをすれば伸びます。ただし、『すぐ』に質問は良くないです。本番であればその問題に何分かけて良いのか、自分のできる手段を全て試したのか、仮定を立てて考えたのか。それでもダメだから質問するというのが理想です。


当塾では生徒の性格、能力、目標を考慮して、個々に対応を変えています。解けない問題で固まってしまう生徒に対しては、『○分考えて手が進まなかったら質問』というルールを設定し、ちゃんと考えずに質問する生徒に対しては、今どう考えていたのか、読み飛ばしている条件はないか、覚えていて使えそうなものはないかなど、『考え方』『考えるべきもの』を説明し、考えさせます。その後、ヒントを出し、答えまで誘導していきます。

勉強が嫌いな子というのは、基本的に考えることが嫌いで、そもそも何を考えれば良いのかわかっていないことが多いです。「ちゃんと考えなさい」というのは、無謀な指示です。


都立入試まで約1週間。しっかり勉強に向き合い、ギリギリまで成長し、良い結果を残してほしいです。

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page