top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

受験

もうすぐ期末試験ですが、それが終わると内申が決まり、受験シーズンが始まります。

中3生の皆さんは、第一志望は決まっていますか? 合格には届きそうですか? これからの学習方法は分かっていますか? 受験というものを通して様々なことを学び、成長してほしいです。


中3生に限らず第一志望の高校が決まっている人は、なぜその高校を第一志望にしましたか? 偏差値、進学実績、部活動、文化祭、雰囲気、距離、友人関係、様々だと思います。高校3年間をどう過ごすかは、今後の人生に大きく影響を与えます。『ここでいいや』のように決めず、しっかり悩んで決めてほしいです。勉強、大学受験のことを中心に考えると、『どの高校でも自分の頑張り次第』という意見もあります。しかし、そんなに自分を強く保てる人は少ないと思います。自分が頑張れなかったことを周りの環境の責任にするのは良くないことですが、それでも環境が自分に与える影響は大きいです。だからこそ、自分が『行きたい』『ここで3年間成長したい』と思える高校を見つけてほしいです。


私は、高校受験では『合格を勝ち取る』ということが最重要だと考えています。もちろん人気校は高倍率なので難しいですし、そもそも倍率が1倍を超えていれば全員が合格することはあり得ません。合格率を上げるためには『自己分析』『自己理解』が重要です。受験を通してそれらを深めてほしいです。自己に対して過小評価は良くありませんし、過大評価は将来大きなマイナスに働く可能性があります。『自己分析』『自己理解』がしっかりできている人は、自分に合う高校を選ぶことができ、自分に合う勉強法を把握しており、しっかりと合格を勝ち取ります。そうさせていくことも、自分の仕事の1つだと思っています。また、自分がやりたい仕事を選ぶ時も、社会人になり仕事をする時も、それらは重要です。


『不合格』という結果から学び、成長できる部分も大いにあります。それでも私は『合格』に拘って指導していきたいと思っています。失敗や挫折から這い上がることが人間を大きく成長させますが、中3生にはまだ早いと考えています。まずは、努力を結果に変え、自信と成功体験を積んでほしいです。


さて、今これを読んでいる人は『全力で努力している』と自信を持って言えますか? 言えない人は努力を始めましょう。言える人は、それが本当に全力かの確認をしてください。私の経験上、中3の10月では7割、中3の3月になると9割の生徒が『もっと勉強しておけば良かった』と言います。どんなに頑張っていても上には上があるので、結局は『もっと勉強しておけば』になるのかも知れませんが、1日1日を無駄にせず、自分にできることを計画的に実行していきましょう。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

都立高校合格に向けて

進学研究会から最新の都立高校合格めやす表が届きました。 6月の暫定版ではありますが、近隣の都立高校は以下の様になりました。 高校名  昨年度→今年度 日比谷  910 → 925 小山台  840 → 860 三田   835 → 850 雪谷   705 → 720 田園調布 690 → 705 ※スピーキングテストは含まず1000点満点 一部抜粋ですが、上記の様に15点から

塾選びの注意点

「今通っている塾に入るときに面談をしたんですが、面談の時に聞いた話と実際の対応が全然違ったんですよ。お願いしたこともやってくれないし...。」 先日面談をした保護者の方からこんなことを言われました。 今日は塾での面談時、特に体験を始める時や入塾を決める時に知っておいて欲しい注意点を3つお伝えします。 ①塾全体の自慢をする 「当塾は〇〇高校に〇〇名もの合格者を出しています。」 「当塾には〇〇というシ

テストの点数アップ

志望校に合格するためには、様々な努力をし様々な結果を出す必要があります。志望校に応じて内申点を取る努力をしなければなりませんし、そのためにはテストでの結果や提出物の点数などが必要です。当日の筆記試験で良い点数を取るためには、過去問を解く必要があり、それで結果を出すためには模擬試験で結果を…の様なことです。様々な努力とそれによる成功体験が志望校の合格率を上げていきます。 その一歩目が『テストで点数を

Comments


bottom of page