top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

実力

「緊張して実力が発揮できなかった…」

こんなセリフを言ったこと、聞いたことはありませんか?


実力って何でしょう。

『運も実力のうち』なんていう言葉もありますが、私個人の考えとしては、『本番で発揮できる力、それによる結果』が実力なんだと思います。「実力が出せれば勝てた…」「自分の実力はこんなもんじゃない…」そんなセリフは意味がありません。

もうすぐ入試本番。『家で解き直しをしたらできた』『テストになると点数が取れない』の様な経験がある人は、そのまま入試に臨みますか?できる限り改善をして、勝負してほしいと思います。以下、確認してみてください。


①入試当日のスケジュール、イメトレ

何時に起きて、何時に家を出て、何時の電車に乗って、何時から始まって…把握していますか? 電車が遅れたらどうしますか? 予想していなかったこと、イレギュラーなことが、焦りやパニックの原因になります。スケジュールをしっかり確認しつつ、行動のイメトレをしましょう。休み時間は何分か知っていますか? その時間は何をしますか?


②自分が陥りそうなこと

解けない問題が出てきて時間をかけすぎてしまう。問題文を読み飛ばす。計算ミスをする。ド緊張をして固まる。自分に今までに起きたことを確認して、それぞれの対処法を考えておきましょう。人間なのでミスはなくなりません。計算ミスが少ない人は、自分がどんなミスをしやすいかを知っていますし、解き直しの方法も知っています。緊張しがちな人は、自分に合った対処法を決めておきましょう。ルーティンを決める人も多いですね。


③周りは気にしない

「あいつ頭良さそう。」「隣の人が自分より早くページをめくった。」どうでもよいことです。入試は『自分が何点取れたか』です。もちろん倍率もありますし、その年の平均点が上がれば、合格のボーダーも上がるでしょう。しかし、それが分からないのだから周りを気にしても意味がありません。ジャガイモがたくさん転がっていると思って、自分の入試に集中しましょう。


④終わったことも気にしない

休み時間中に、終わった科目に関して「問4って答えウだよね?」という話をする人もいます。時間も無駄ですし、安心しても不安になっても意味がありません。これからの科目で何点取れるかが合否を決めます。切り替えをしっかりしましょう。


『本番に強い』という言葉があります。①緊張に負けず、通常と同じ力が出せている。②緊張を味方に付けることにより集中力が増し、通常よりも力が出せている。①②のどちらもあり得ると思います。そうなるためには自信をつけること。そのために成功体験を積ませること。そのために主体的に取り組ませること。そのために大人が子どもを信じて、責任を持たせて行動させること。それが重要だと思っています。

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

都立高校合格に向けて

進学研究会から最新の都立高校合格めやす表が届きました。 6月の暫定版ではありますが、近隣の都立高校は以下の様になりました。 高校名  昨年度→今年度 日比谷  910 → 925 小山台  840 → 860 三田   835 → 850 雪谷   705 → 720 田園調布 690 → 705 ※スピーキングテストは含まず1000点満点 一部抜粋ですが、上記の様に15点から

塾選びの注意点

「今通っている塾に入るときに面談をしたんですが、面談の時に聞いた話と実際の対応が全然違ったんですよ。お願いしたこともやってくれないし...。」 先日面談をした保護者の方からこんなことを言われました。 今日は塾での面談時、特に体験を始める時や入塾を決める時に知っておいて欲しい注意点を3つお伝えします。 ①塾全体の自慢をする 「当塾は〇〇高校に〇〇名もの合格者を出しています。」 「当塾には〇〇というシ

テストの点数アップ

志望校に合格するためには、様々な努力をし様々な結果を出す必要があります。志望校に応じて内申点を取る努力をしなければなりませんし、そのためにはテストでの結果や提出物の点数などが必要です。当日の筆記試験で良い点数を取るためには、過去問を解く必要があり、それで結果を出すためには模擬試験で結果を…の様なことです。様々な努力とそれによる成功体験が志望校の合格率を上げていきます。 その一歩目が『テストで点数を

Comments


bottom of page