top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

実力

「緊張して実力が発揮できなかった…」

こんなセリフを言ったこと、聞いたことはありませんか?


実力って何でしょう。

『運も実力のうち』なんていう言葉もありますが、私個人の考えとしては、『本番で発揮できる力、それによる結果』が実力なんだと思います。「実力が出せれば勝てた…」「自分の実力はこんなもんじゃない…」そんなセリフは意味がありません。

もうすぐ入試本番。『家で解き直しをしたらできた』『テストになると点数が取れない』の様な経験がある人は、そのまま入試に臨みますか?できる限り改善をして、勝負してほしいと思います。以下、確認してみてください。


①入試当日のスケジュール、イメトレ

何時に起きて、何時に家を出て、何時の電車に乗って、何時から始まって…把握していますか? 電車が遅れたらどうしますか? 予想していなかったこと、イレギュラーなことが、焦りやパニックの原因になります。スケジュールをしっかり確認しつつ、行動のイメトレをしましょう。休み時間は何分か知っていますか? その時間は何をしますか?


②自分が陥りそうなこと

解けない問題が出てきて時間をかけすぎてしまう。問題文を読み飛ばす。計算ミスをする。ド緊張をして固まる。自分に今までに起きたことを確認して、それぞれの対処法を考えておきましょう。人間なのでミスはなくなりません。計算ミスが少ない人は、自分がどんなミスをしやすいかを知っていますし、解き直しの方法も知っています。緊張しがちな人は、自分に合った対処法を決めておきましょう。ルーティンを決める人も多いですね。


③周りは気にしない

「あいつ頭良さそう。」「隣の人が自分より早くページをめくった。」どうでもよいことです。入試は『自分が何点取れたか』です。もちろん倍率もありますし、その年の平均点が上がれば、合格のボーダーも上がるでしょう。しかし、それが分からないのだから周りを気にしても意味がありません。ジャガイモがたくさん転がっていると思って、自分の入試に集中しましょう。


④終わったことも気にしない

休み時間中に、終わった科目に関して「問4って答えウだよね?」という話をする人もいます。時間も無駄ですし、安心しても不安になっても意味がありません。これからの科目で何点取れるかが合否を決めます。切り替えをしっかりしましょう。


『本番に強い』という言葉があります。①緊張に負けず、通常と同じ力が出せている。②緊張を味方に付けることにより集中力が増し、通常よりも力が出せている。①②のどちらもあり得ると思います。そうなるためには自信をつけること。そのために成功体験を積ませること。そのために主体的に取り組ませること。そのために大人が子どもを信じて、責任を持たせて行動させること。それが重要だと思っています。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page