top of page
検索
  • 執筆者の写真小沢良平

テスト勉強

更新日:2019年11月5日

みなさんは、どのようにテスト勉強をしていますか?また、何を目的としていますか?

勉強方法としては、提出物をやる、配られたプリントをやる、教科書やノートを見返す、過去問を…などいろいろあると思います。目的としては、良い点数を取るため、成績を上げるため、志望校に合格するため、こちらも様々です。ライバルに負けないためや、悪い点数を取りたくないというのも良い目的の1つですね。

しかし、『テストで良い点数が取れた』で終わってほしくありません。私は『自分が結果を出すための方法』を少しずつ身に着けてほしいと考えています(『自分が』なので方法には個人差があります)。テストが実施される日程は年間行事予定表などに記載されているため、もともとわかっています。その日程まであと何日あるのか、何点を目標とするのか、学校の授業がどのくらいまで進みそうか(範囲がどれくらいになりそうか)、自分の苦手な科目や単元はどれくらいやればいいのか、学校の先生はどういうタイプの問題を出してくるのか、そんなことを考えながら勉強に励んでほしいです。それを考えず、言われたことだけやればよい、テストの点数さえ取れれば良いというような行動していると、成長できません。例えば、社会人になり仕事を任されたとき。期限はいつか、何から手を付ければよいか、自分の苦手なことが出てこないか、出てきたときに誰を頼ればよいか、上司や取引先の求めていることは何か、など考えて行動することが難しくなります。

アクティブラーニングという言葉が有名になって何年もたちますが、私は塾講師を始めて2年目から今の方針で指導をしてきました。生徒が能動的に学習しなければ、テストでその時だけ点数が取れておしまいです(それで十分という考えももちろんありますが)。結果が良かったときは、何が良かったのか、何をやって結果に繋がったのか、さらに改善するにはどうすればよいのかを考えさせ、行動を修正させていきます。結果が悪かったときには、原因が何か、なぜそうなってしまったのか、改善するにはどうすればよいのか、次回はどうするのか、ということを考えさせ、必要な指示を出し、修正をしていきます。

小沢塾では、勉強を通じて『自分が結果を出すための方法』というものを身に着けさせていきます。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国語力、思考力の低下

先日、卒業生と食事をする機会がありました。私を覚えてくれていることも嬉しいですし、そういう誘いをしてくれることも嬉しかったです。ただ、その卒業生がもう30歳を超えているということに衝撃を受けました…。年を取るわけですね…。 その卒業生の現状についての話もしましたが、やはり中学生当時の話が盛り上がりました。当時はこう思っていた、この生徒とはこんな感じだったなど、様々な思い出話をする中で、今の生徒と昔

合否を分けたもの

開校して4年目。不合格者を出してしまいました。 第一志望合格率100%をずっと続けることが不可能であることはもちろんわかっていましたが、やはり悲しく、ショックなものです。 ただ、原因は明確です。『指導に従わなかったから』です。 指導に従っていた生徒は、今年も全員第一志望に合格しました。 指導に従わなかった生徒の中にも合格できた生徒はいます。しかし、第一志望ではなくランクを下げての合格です。 当塾で

正しい解き直し

偏差値アップのためには解き直しが重要です。解けなかった問題が解けるようにならなければ偏差値は上がっていきません。解説を読んで、わからなければ先生に解説をしてもらい、後日1人で解き直しをして、類題を解いて…。解けるようになるまでには手間と時間が必要です。大変だからこそ解けたときの達成感は大きいですし、成長に繋がります。 その大変な解き直しにも、効率を上げる、合格率を上げるための正しい方法があります。

bottom of page